自然素材×耐震等級3の家が建てられる!
泉佐野市の注文住宅会社3選

※金額は2019年11月の見積り調査によるものです。
条件:泉佐野市内に30坪2階建て(内装・付帯工事費込)耐震等級3/内装はすべて自然素材/国内有名メーカーの設備
※耐震等級の参考:一般社団法人住宅性能評価・表示協会_地震などに対する強さ(構造の安定)

キャククルへのバナー
泉佐野市で評判の注文住宅会社ガイド » 子育て世代におすすめ!泉佐野市の住みやすさ » 泉佐野市の移住者サポート施策
  

泉佐野市の移住者サポート施策

大阪市へのアクセスにも優れ、ベッドタウンとしての用途が高まっている泉佐野市。そんな泉佐野市では現在、市外からの転入者や定住者の増加を促進するため、さまざまな移住者サポート施策が用意されています。

耐震等級3×自然素材の家の
費用を独自調査!
泉佐野市のおすすめ住宅会社を見る

泉佐野市の移住者サポート

定住促進施策

泉佐野市では市内での定住者や市外からの転入者の増加を推進するため、住居・就労・子育て・暮らしなど、さまざまな角度からの定住促進施策を進めています。
また、助成金や医療制度の充実を図ることで、市民生活の向上も目指しているところです。

住宅総合助成事業

泉佐野市内で家を建て替える場合、新築住宅を購入する場合などに、その住宅に必要な登記費用や引っ越し費用を助成してもらうことができます。
また、泉佐野市の「空き家バンク」に登録された中古住宅を購入したり、賃借する場合にも利用可能
ただし、市の補助金の予算枠がいっぱいになったところで受付は終了されます。

泉佐野市の「空き家バンク制度」とは、空き家の所有者から提供された情報を、空き家を探している人に紹介する制度。
住み心地を試したい人は、お試しで空き家バンクの住居に住むこともでき、その際には引っ越し費用が補助されます。

そのほかにも「住宅リフォーム助成事業」があり、泉佐野市内の施工業者が行った住宅リフォーム工事に対しては、経費への助成金が支払われます
こちらも新築同様に、市が用意した補助金の予算枠がいっぱいになったところで受付終了となるので注意が必要。

水道料金 定住促進減免制度

泉佐野市では定住促進と市の活気推進を目的として、市外からの転入してきた単身世帯の水道料金を2年間減免しています。
減免額は1か月あたり10㎥までの水道料金とメーター使用料で、 下水道使用料は含まれません。
減免の対象となるのは次の通りです。

  • 平成28年3月1日から平成31年3月31日までの間に泉佐野市に転入の届け出をし、かつ単身者であること。1年以上継続して泉佐野市に住民登録をする見込みのある人。
  • 泉佐野市内の住宅で生活の拠点を置いており、市の水道料金を支払っていること。
  • 減免の申請をしたときに15歳以上65歳未満の年齢であること。
  • 水道料金を滞納していないこと。

無料職業紹介所

人口の減少を食い止め、活気あふれる地域の維持を目指し、安定した雇用と市への人の流入を泉佐野市では目標に掲げています。
そこで新たな取り組みとして行われているのが、市の特色を活かした無料職業紹介所を開設
就職を希望する人への支援として「求人者」と「求職者」のマッチングを行うものです。

泉佐野市でおすすめの注文住宅会社を見る

キャククルへのバナー