自然素材×耐震等級3の家が建てられる!
泉佐野市の注文住宅会社3選

※金額は2019年11月の見積り調査によるものです。
条件:泉佐野市内に30坪2階建て(内装・付帯工事費込)耐震等級3/内装はすべて自然素材/国内有名メーカーの設備
※耐震等級の参考:一般社団法人住宅性能評価・表示協会_地震などに対する強さ(構造の安定)

キャククルへのバナー
泉佐野市で評判の注文住宅会社ガイド » 泉佐野で健康住宅を建てる方法 » 家の素材にこだわる!自然素材の建材について
  

家の素材にこだわる!自然素材の建材について

自然素材は健康にいいと聞くものの、具体的にどのようなものが自然素材といわれるのでしょうか。ここでは、代表的な自然素材の紹介とその特徴を説明します。内装選びの参考にしてくださいね。

自然素材の家が建てられる
おすすめ注文住宅プラン
チェックする

自然素材の建材紹介

自然素材が使われるのは主に床材と、壁・天井材です。健康住宅にとことんこだわる住宅会社や工務店では、構造材である柱でも無垢材を使えることも。それぞれに使われる木の種類や、塗り壁の素材をみてみましょう。

床材

ヒノキ

明るくて落ち着いた色合いと、気品のある香りが特徴のヒノキ。建築素材として代表的な木材です。建材として使われるスギやマツと比べても強度が強いため、柱にも使われます。

また、防水性にも優れており、シロアリや腐朽菌にも強いため、湿気の多いキッチンや洗面所、トイレといった水回りにも使えます。香りが強い木材なので、浴室に使用することでリラックス効果が期待できるでしょう。

日常的に実施するメンテナンスが少なくて済むため、日ごろの掃除と同様に、掃除機でほこりを吸ってから雑巾などで拭くだけで問題ありません。気になる汚れが無い場合は乾拭きだけで良いですし、細かいメンテナンスは業者による定期点検だけで十分です。

スギ

ヒノキと同様、日本の代表的な針葉樹です。国内のあちこちで植林されており種類も豊富なため、建築素材としてはかなりメジャーといえるでしょう。美しい木目だけでなく、湿気への強さもあります。

柔らかさと共にサラッとした肌触りを持つので、共有スペースやプライベートスペースのフローリング材に最適です。調湿効果があり1年中快適な室内を保てるため、シックハウス症候群や乾燥が気になる人にも向いているでしょう。

ただし、スギは少しの衝撃でキズが付きやすい性質があり、美しさを保つためにはワックスがけが欠かせません。最近では蜜蝋を使った天然素材のワックスもあるので、自然素材にとことんこだわりたい人は利用してみると良いでしょう。

ウォールナット

ウォールナットはクルミ科の木で、チークやマホガニーと並ぶ、世界三大銘木といわれています。美しい木目と、どっしりとした存在感が特徴です。

さらに、広葉樹に分類されるウォールナットは、高い耐久性があるため、柱や梁などの構造躯体や床材に適しています。また、無垢材特有の変形しやすい木材ではないので、膨張や収縮の心配もありません。

ウォールナットの特徴であるダークブラウンの色味は、重厚感をもたらす反面、汚れやホコリが目立ちやすいです。飲み物や絵の具汚れはシミになりやすいため、日ごろからこまめな掃除機がけや拭き掃除を心掛ける必要があります

パイン

パインはマツのことで、節が多く、柔らかいイメージの木材です。お手ごろな価格と豊富なデザインで、気軽に天然木の質感を味わいたい人にぴったり。

パインの1番の特徴は、何と言っても独特の香りでしょう。一般的に針葉樹は香りが強く、中でもパインにはフィトンチッドという物質が含まれています。この物質が独特の香りと共に抗菌・消臭効果も生み出すため、室内の気になる臭いや細菌を抑制してくれるでしょう。

メンテナンスの際は、乾いた布や雑巾で拭きましょう。水拭きはパイン材の表面を毛羽立たせてしまうのでおすすめできません。また、柔らかくキズ付きやすい性質を持つので、なるべく優しく拭くようにしてください。

ナラ(オーク)

硬くて傷がつきにくく、耐久性に優れているオーク。木目が落ち着いているので、シックな雰囲気を出したいお部屋に最適です。

高い耐久性と耐水性を有しており、住まいのあらゆる箇所で使用できます。飲み物やクレヨンなどによる汚れもシミになりにくいため、子どものいる家庭にも最適な建材です。また、オークにはタンニンがふんだんに含まれており、虫を付きにくくする効果があります。

ただし、1度キズが付くと補修が難しいので、オークをフローリング材として採用する場合は定期的なオイル塗装が必要です。目立ったキズが付かないよう、日ごろから掃除機がけや雑巾での乾拭きを行いましょう。

壁・天井材

珊瑚の塗り壁材

サンゴは多孔質のため、湿気や湿気やにおい、有害物質などを吸ってくれる効果があります。トイレや洗面所などの水回りと相性がいい塗り壁です。

貝殻漆喰

貝殻を焼いた灰が入った漆喰で、お城などにも使われる昔からある漆喰のひとつです。二酸化炭素を吸収するほか、殺菌作用や消臭効果に優れているのが特徴です。

珪藻土

珪藻土とは植物性プランクトンが湖や沼などの底に堆積したもので、ミネラルを豊富に含んだ多孔質の塗り壁です。木材と見ための相性がいいだけでなく、調湿性、断熱性、保温性などに優れています。

織物

織物クロスは調湿性や通気性に優れ、結露しにくいというメリットがあります。綿・麻・レーヨンなどさまざまな素材から選ぶことができます。

和紙

素朴な印象の和紙は、和室の壁紙にぴったりの自然素材です。調湿効果やアンモニアなどの脱臭効果に加え、気持ちを落ち着かせる効果があることがわかっています。

自然素材のメリットデメリット

自然素材を使った家は、身体に優しい素材であること以外にも、年を経るごとに風合いが変わっていくため、経年変化を楽しめるというメリットがあります。

デメリットとしては、化学合成した安い素材を使った家に比べると、値段が高いところでしょう。でも、化学物質の影響を受けやすい小さなこどもやペットがいる場合は、安全性の高い建材を使いたいものです。家を建てた後になって体調を崩したり、健康を害してしまえば、内装をやり直したり、最悪の場合、大切なマイホームを手放すことにもなりかねません

家は家族が長い時間を過ごす「住まい」です。今だけのことではなく、将来のことも考えた素材選びをお勧めします。

泉佐野市でおすすめの注文住宅会社を見る

キャククルへのバナー