自然素材×耐震等級3の家が建てられる!
泉佐野市の注文住宅会社3選

※金額は2019年11月の見積り調査によるものです。
条件:泉佐野市内に30坪2階建て(内装・付帯工事費込)耐震等級3/内装はすべて自然素材/国内有名メーカーの設備
※耐震等級の参考:一般社団法人住宅性能評価・表示協会_地震などに対する強さ(構造の安定)

キャククルへのバナー
泉佐野市で評判の注文住宅会社ガイド » 泉佐野で地震に強い家を建てる方法 » 構造から地震に強くする耐震住宅とは
  

構造から地震に強くする耐震住宅とは

近年増加している地震に対する対策の方法として耐震住宅があります。耐震住宅の構造やメリット・デメリットなどについて紹介しています。地震による被害に備えたいという人であれば、参考知識として見ていきましょう。

耐震住宅は「耐震構造」を備えた家のこと

耐震住宅とはその名称の通り、耐震構造を備えた住宅のことを指します。耐力壁の配置や負荷のかかる部分への補強などで地震に備えています。免震・制震に関する施工に比べ比較的価格を抑えることができる一方、免震構造の家とは違い、地震が起きた場合には建物に地震の衝撃が伝わりやすい構造ともいえます。

耐震構造とは?

耐震構造は、地震による揺れ・衝撃に耐えられるように建物を設計した構造の住宅です。柱や梁などの配置から構造耐力を計算し、耐震に関する基準を満たした構造のことです。

地震の対策としては構造の中に筋交いを入れ込んだり柱や梁などの接合部分をしっかりと金具で固定や補強をしたりして対策を行っています。揺れによる建物の倒壊や損壊を防ぐことを主眼としているため、地震の揺れ自体を抑える制震・免震とは建てる目的が異なっています。建物自体をしっかりと固定する工法となっているので、地震が起きた場合、家具が倒れてしまったり棚の中のものが落ちたりといったリスクがあります。

構造の原理1

耐震構造では、地震での水平方向の揺れや衝撃といったダメージに柱をはじめとした垂直方向にある骨組みを補強して耐えられるようにしています。住宅や建物には、建物自体の荷重や住んでいる人・家具などの重さが常に負荷を与えています。これらの重さと地震の揺れが横向きに揺れることで水平方向に強い力が働いてしまい、建物に傷をつけてしまったり倒壊させてしまったりします。耐震構造では、住宅の1階や2階といった各階の外側周辺や間仕切りとなる部分にある数本の柱を面材や材料で一体化させることで「耐力壁」にしています。柱や梁といった負荷が集中しがちな部分に筋交いをはじめとした構造用金物を両側の接合部分に取り付けて揺れに耐えやすい構造としているのです。

構造の原理2

住宅の耐震性を向上させるためには、建物上屋・基礎部分の構造が大切となっています。壁の垂直面と同じように横向きに加わってくる水平面への揺れに対しても強度を持つ「水平構面」とすることが重要です。これにはベタ基礎でという基礎の底や屋根などが該当し、一体化しているものを鉄筋コンクリートにし、地盤へ接する面積は大きい場合に地震の揺れ・衝撃を地盤に伝達することが可能となる構造になっています。

耐力壁のバランスが重要

耐力壁を設置する場合は一定の方向にのみ設置するのではなく、それぞれが直角に交わる縦と横・南北のような方向に設置します。平面的にバランスが取れるように調整しながら、強度や長さを考えていくことが大切です。多くの場合は、1階のような下階が地震の衝撃を受けやすいとされており、上階の2階・3階に比べて耐力壁を多く設置する傾向があります。

免震との違いは?

免震は、地面と住宅の間に免震装置を設置して、地震の際に住宅に伝わってしまう揺れによるダメージ・衝撃を地面に逃がす構造です。地震で揺れることがあっても免震装置が揺れを抑えるので、住宅へのダメージを軽減でき住宅の倒壊リスクを抑える効果もあります。

耐震住宅はしっかりと地面に基礎を築いて地震の衝撃に建物が耐えることで倒壊リスクを抑える工法となっています。耐震性の他に耐風性が高い建物も。免震と耐震は揺れへのアプローチが異なっており、免震が揺れ自体の影響を抑える「柔」の構造であれば、耐震は建物の構造自体を強くする「剛」の構造といえるでしょう

耐震住宅のメリット

地震対策の費用を比較的抑えられる

耐震住宅では、地震への対策費用が免震や制震といった他の方法よりも価格はある程度抑えられます。免震や制震といった性能で住宅を建てる場合、地震対策の費用として数十万~数百万円が必要となります。また、耐震性能にした場合には施工も免震や制震よりも短期間で終わらせることが可能です。

耐風性がある。

耐震性能を強める耐震住宅ですが、強風や台風といった風が強い場合に風による揺れを抑えて影響を受けにくくなる構造となっています。そのため、強い風や台風が来やすい地域の場合には強風によるリスクも抑えやすくなります。

設計の自由度が高い

耐震住宅の場合、住宅の耐震性を高めても設置制限がなく、自由に住宅を設計することができます。免震の場合には、地下室が設置できなくなってしまい住宅設計に制限がかかってしまいます。地下室を設置したい方や制限なく住宅を設計したい方には自由度がある程度高い耐震住宅の方が良さそうです。

耐震住宅のデメリット

ダメージを受けやすい

耐震住宅では、地震の揺れや衝撃が免震構造に比べ建物に伝わりやすいため、住宅がダメージを受けやすくなっています。度重なる揺れを受けると、倒壊は防げてもひび割れやダメージが蓄積されて劣化の進行が早まってしまうこともあるので注意が必要です。

家具が転倒しやすい

耐震住宅は地震の揺れ・衝撃を直に受けてしまうため、家の中の家具が倒れてきてしまいやすくなっています。家具が倒れてくると住んでいる家族がケガをしたり、火災につながってしまったりする場合もあります。耐震住宅にする場合には、この火災やケガ・死亡といった地震とは別の被害にもつながってしまう点に対して、家具や家電の固定などを行う必要があるでしょう。

伝統的な工法は耐震性能も高い?

伝統構法は壁に頼らず木組みのみで家を支えている工法で、日本の建物の中でも1%ほどしか利用されていない工法です。木を水平に組み合わせて壁の下地にしたり、大きい木を住宅の柱や梁として組み合わせて耐久性を高めています。同じ木造工法の在来工法が耐震住宅に近い構造なのに対して伝統構法は免震住宅に近い構造となっています。

伝統工法はしっかりと固められた地面へ石を置いて、その石を基盤として柱を設置していきます。壁は「貫」という木を水平に組み合わせる工法で柱同士をつないで「竹来舞」という竹などを格子状に編んだ壁の下地に土壁を塗っていくことで施工を進めていきます。この伝統構法の場合には、地震が起きた際に土壁が衝撃を吸収して壊れ、木のみで組み合わせられた構造体が曲がったり反ったりすることで地震による衝撃を逃がしやすくなります。

建築基準法が耐震性能を基本としているため、伝統工法の住宅を建てることは難しい状況といえます。

泉佐野市でおすすめの注文住宅会社を見る

キャククルへのバナー